進路

【大学受験・文系の人向け】学部を決める際の注意点



今回の回答は文系の学部選びに関する話です。

文系・理系については上記の記事に書いているので、文理選択をしていない高1、高2生は参考にしてみてください。

基本的に文系の人は学部を乱れ打ちし、大学名(ネームバリュー)にこだわるべき

出願の時期や合格発表の時期になると、多くの人に「大学名と行きたい学部、どちらを優先すべき?」という疑問が生じます。

私は、文系の方については、「大学名に拘り、学部を乱れ撃ちすること」に賛成です。文系の人は(上記の記事に書いたように、)「まだやりたいことが決まっていない人」や「自分の時間が欲しい人」が多いと思います。

以下に理由を書きますが、自分の将来やりたいことが決まっていない段階では、どの学部に行っても基本的には変わらないと思います。

しかし例外として、「先生になるために教育学部に行きたい」など、「どうしてもこの学部に入りたい!」という事情がある人は学部にこだわった方が良いです。

また、「この学部は絶対に嫌だ」というほどの学部ある場合は、仮に乱れ撃ちをするとしても、その学部を受験することは辞めましょう。

 

大学受験で複数学部を乱れ打ちをするメリット①:就職活動でまず見られるのは大学名

ここでいう「見られる」って何?と思うかもしれないのでもう少し具体的な話をします。

就職活動の時期になると大学に企業が説明会を開きに来てくれます。その他にも、「●●大学限定の早期選考会」みたいなのもあります。

その際に、「●●大学○○学部限定説明会・選考会」のように、学部限定のものはありません。

少なくとも自分の大学ではなかったですし、友人の含め他の大学でも聞いたことがありません。

つまり、文学部だろうが人間科学部だろうが、その大学に属していれば、大学限定の選考会も説明会も参加できますし、その選考(面接やグループディスカッション)でうまく喋れればちゃんと通ることもできます。

よく塾でアルバイトをしていた際に聞かれたのは、慶應文学部と明治の商学部、どちらが就活で評価高いですか?みたいな質問をされました。

つまり高校生にも「経済学部の方が有利」のように思っている人はいるようです。

しかし私の周りを見ると、社会科学系・文学系の人が予想以上に大手企業に内定をもらっていたり、逆に経済系でも落ちている人も結構います。

私の友人を見ても、内定をもらっている人と、貰えない人の差は、端的に言えば「集団の中でハキハキしゃべれるか」「質問に正しくこたえられるか」です。(就活については別記事で書く予定なので今回は割愛します)

なので、そのようなイメージが広がっているとしても、実際は「文学部が就職不利」ということはないと考えています。

「文学部にハキハキ喋れる人が少ない」という勝手なイメージが広まっているだけのように思います。

大学受験で複数学部を乱れ打ちするメリット②:難関大学には優秀な人が集まっている

まず前提として、サークルや部活動に入るのならば、当然学部以外に友人が多くできます。

学部の友人は一緒に授業を受けたりするとしても、本当に仲良くなるのは平均5人くらいではないでしょうか。(ヨッ友含めるともっと沢山います)

そのような環境を考えた際に、受験する際も、「学部」でみるのでなく、「大学全体の人や雰囲気」のようなものも大事だと思います。

私も1つの大学にしか行ってないので比較はできませんが、やはり有名大学に入学すると、優秀な人が多いです。

仮に受かった学部が多少興味はない学部だとしても、他では手に入れ難い人間関係を手に入れられると思います。

大学受験で複数学部を乱れ打ちするメリット:③自分の専門分野以外の授業もとれる場合が多い

これは文系・理系のメリット・デメリットの記事に書きましたが、文系の場合は比較的自由に時間割を作成できます。

なので、文系の学生は、他学部の授業を受けることが可能な場合が多いです。(大学によってはこれができないところがあるかもしれないので、他学部科目を受講できるかは、一応事前に確認してみてください。)

例えば、経済学部の人が法学部の授業をとることも可能です。(ごく一部、人気で人数制限がされるような抽選の授業は、○○学部生優先などもありますが)私も経済系の学部でありながら、法学部や教育学部の授業を割と取っていました。

他学部の授業を受けれることを考えれば、大学名重視で受験したほうがお得と言えるでしょう。

【大学受験・文系の人向け】学部を決める際の注意点【まとめ】

今回は文系学生の乱れ撃ちについて書きました。

似たような記事として、理系の人向け版の「学部選択の注意点」という記事もあげているので、文理選択をしていない高1.高2生はこちらも是非参考にしてみてください。



  • この記事を書いた人

Shinobu

受験勉強・大学生活・就活」について書いていきます。学生が社会人になるまで役に立つ、プラットフォームのようなサイトを目指します。雑記の方も楽しんで頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

-進路

Copyright© shinoblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.