体験記

上智に3つ合格したのに早稲田に落ちた話【後編】



  1. 先週の火曜日、上智大学を卒業しました。

このタイミングで、書いていなかった【後編】の話を書こうと思います。

早稲田商学部、社会科学部の合格発表

「残念ながら、不合格です…繰り返します…」

繰り返すなよ!!!

と突っ込む元気もなく、抜け殻のような状態で合否を確認しました。

落ち込んではいるものの、結果はわかっていたので驚きは一切ありませんでした。

 抜け殻になってしまったのは、一年間を振り返っていたからです。

この一年間ものすごく成長できたと思う。

現役時は文法ばかりやってしまっていた英語はスラスラ読めるようになり、ものすごく得意になった。

国語もかなり安定するようになり、解くスピードも格段に上がった。

0から始めた日本史はテキストがボロボロになるまで繰り返し、センターでもほぼ毎回2ミスくらい。入試でもかなり武器になった。

なのに、不合格…

どれだけやり切っても、偏差値を上げても、結果に結びつくとは限らない。

そう痛感した日でした。

早稲田不合格から上智入学までの約1か月間

人生で最もテンションが低かった春休み

早稲田の社学の入試が終わった瞬間、浪人生活は終わりを告げました。

「もう解答速報を見て復習する必要もない…」
「時間を気にして休憩する必要もない…」
「TwitterやLINEをダラダラ見ても問題ない…(Instagramは当時流行る直前くらいだったので未使用)」

待ちに待った自由な時間のはずなのに、気分は晴れませんでした。

受験が終わるのを死ぬほど楽しみにしていた自分。

友人や親に合格報告をし、筋トレやバイトを楽しむ自分を何度も想像した。

なんなら、1年間毎日勉強していた習慣を生かし、入学後に行われるTOEICの勉強もしようと思ってた。

しかし、早稲田に不合格だった事実が頭から離れず、春休みにあれこれ行動するためのモチベーションはほぼ失っていました。

とは言っても一日家にいるのも損だし病むばかりなので、友人と遊ぶ約束をしたり、バイトの面接に行ったりしていました。

友人「そっかあ。やっぱ早稲田って難しいんだな」

そんなことを友人に言われた時がこの時期一番辛かったです。

(そうじゃない…十分合格する力はあったはず…

そんなことを考えてしまうからです。

「もし受かっていたら、友人ももっとハイテンションで祝ってくれたんだろうな」

「もし受かっていたら、もっと昨日の夜はよく眠れてたよな」

「もしあの座席じゃなかったら…」

何かをしていると忘れることができますが、ふとした瞬間に、そんな「たられば」が頭に浮かんでくるのが辛かったです。

上智への期待。しかし…

早稲田に落ちたショックと同時に、「上智への期待」も少しありました。

まあ、上智の良いところを探すことで、早稲田に落ちたショックを紛らわせたかったというのもあります。

オープンキャンパスすら行っていなかったため、上智の特色をよくわかっておらず、ネットで色々上智について調べていました。

しかし、「とりあえず暇だから行ってみよう」と思い、電車で四谷へ。

春休みだったので、当然キャンパスにはほぼ人が居ませんでした。

色々歩き回ってみて、第一印象は「狭いな」というものでした。

これは早稲田のキャンパスを見ていたからというのもありますが、当時は「こじんまりとしているな…」と感じてしまいました。

(しかしこれは完全に人がいなかったからです。学校がある日はかなり賑わっています。笑

それと、私が大学2年の時に新設された「ソフィアタワー」が割とカッコいいです。)

特に見る場所もなくなり、上智の売店で「ソジャー」という上智大のパーカーのような物を買ってキャンパスを出ました。

キャンパスを出た後は、四ツ谷駅を探索しましたが、如何せん何もなかったです。

というより、完全にビジネス街のような雰囲気だったので、学生街である早稲田の高田馬場と比較してしまいガッカリしたのを覚えています。

実際に入学してみて

「入学してみて」を今回書く予定でしたが、ごめんなさい。

それは次回以降に書きたいと思います。

(ひとまず、「上智に3つ合格したけど早稲田に落ちた話」というタイトルはここで終わりたいと思います。)

結論だけここで言うと、上智での4年間にはとても満足しています。

何故次の記事に書くかというと、理由は3点です。

①入学前の憂鬱だった期間も読んで欲しかったから。

これは実際にあった憂鬱な期間で、読んで欲しかったので書きました。

受験に合格した人は楽しい期間ですが、そうじゃない人も沢山いると思っています。

そんな憂鬱があった私でも、4年間満足できたということを伝えたいためです。

②「合格発表、春休みの話」が長くなったから

思ったよりも今回の話が長くなってしまいました。

あまり記事が長いと、読み始めるのに抵抗がある方もいると考えているからです。

③タイトル的に、ここで一旦区切りたかったから

次の話を書くとしたら、上智大学の話がメインになります。

「上智に3つ合格したけど早稲田に落ちた話」

というタイトルで始めたので、ひとまず早稲田に落ちて上智に入学する前で一旦区切ろうと考えました。

上智に3つ合格したのに早稲田に落ちた話【後編】【まとめ】

【前編】【中編】【後編】で、センター前~入学前の話を書いていきました。

次回からは上智の良かったところ・微妙だったところや、大学生活で楽しめたこと大学生活を送る上で大事だと感じたことについて書こうと思います。

これらについては、見る人に有益になるように、情報を体系的にまとめて書きたいと思っています。

(「上智に3つ合格したけど早稲田に落ちた話」は割と雑記的に書いていきました。

また、Twitterでアンケートを取ったところ、浪人生活の記事を読みたいという人も多かったです。

浪人生活の記事はまた雑記形式で書こうと考えています。

これから大学生になる人も今大学生の人も、是非楽しんで頂ければと思います。

何か要望があればTwitterから宜しくお願い致します!

 



  • この記事を書いた人

Shinobu

受験勉強・大学生活・就活」について書いていきます。学生が社会人になるまで役に立つ、プラットフォームのようなサイトを目指します。雑記の方も楽しんで頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

-体験記

Copyright© shinoblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.